• 検索 検索
突撃!体験レポート

突撃!体験レポート 無料体験ってどんなことしてるの?実際に行ってきたよ! 突撃!体験レポート 無料体験ってどんなことしてるの?実際に行ってきたよ!

今回無料体験してきたのは…

KILALA美術学院 キララこども絵画造形教室

絵画教室
体験者写真
私たちが行ってきました!
  • あきらくん
  • あきらくんママ

LESSON 1

先生とご対面。

広いアトリエの床はシートが敷かれ、好きなところに座ります。座ったら、先生とご挨拶し、今日やるカリキュラムの説明を受けます。

広いフロアに3人の先生がいらっしゃいますが、生徒はあきらひとりしかいませんよ?

029
031

大輪学院長

ようこそいらっしゃいました。

キララこども絵画造形教室では、開校時間内に自由にお子さんを連れてきていただくスタイルを取っています。あきら君とお母様にとって、通いやすい曜日と時間帯を考えていただければと思います。今日はあきら君が一番乗りでしたね。

この後、どんどん生徒がやってきます。縦割りですので、あきら君より大きいお兄さんやお姉さんのほか、小さいお友達もやってきますよ。

それはいいですね。厳密な開始時間がないのは助かります。今週は2時、来週は5時といった大幅な時間変更だとあきらも疲れてしまいそうなので、大まかな時間帯を考えてみます。

それと、気になったのですが、ママたちもいませんね?

029
031

はい、来室された後は、お母様は基本的に送迎のみで教室の中にいなくても大丈夫です。今日はあきら君のご自宅から近い伝馬アトリエで体験をしますが、ほかにも宇都宮市内には松原アトリエ、東武アトリエ、岡本アトリエがあります。宇都宮市以外には石橋と日光が。

また、9月オープン予定で那須塩原に。アトリエによって広さも雰囲気も違いますので、気になるアトリエがある場合はおっしゃってくださいね。

今日は、何を作るのですか?

029
031

今日は、子どもに大人気の「ふしぎスクリーン」という、ひっぱると自分が描いた絵が変わるおもちゃ作りを体験します。

LESSON 2

「ふしぎスクリーン」を作ろう!

これおもしろい!

なんで絵が変わるんだろ。

028
030

やしろ先生

とっても不思議だね? あきら君と先生で作ってみようか? どんな絵を変身させちゃう?

キョウリュウ!! あのね、ステゴサウルスとTレックスがね、ガオーとたたかって、バタンバタンってなってね、それでね、それでね…

028

全然関係ないことしゃべっているー!!どうしよう。

029
031

大輪学院長

子どもの心の中には、話したいこと、伝えたいことがいっぱいあります。それをあきら君のように講師に一生懸命話す。これはとても大切なことで、話すことで心の中にあるものを整理しているんです。

030

そうなんだ。キョウリュウすごいね。じゃあキョウリュウにしよう!

どんな体しているの?足は何本なのかな?

うんとね、足は3本かな、あ4本か。

028

あら、すっかりリラックスして描くことに没頭し始めました。

029
031

はい、講師はあくまで生徒に寄り添うのがここでの役割です。講師が「こうしなさい」と言うことは決してありません。恐竜の足も、あきら君が3本と言い切るなら、一度それで描かせてみます。完成した絵を見てあきら君が自分で何か違和感を思うなら、それが気づきなのです。

てっきり、静物画のようなものを上手に描くことから始めるのかと思っていました。

029
031

もちろん、それらを学ぶクラスもあります(11歳~高校生まで。学生専門アートクラス)。「もっとうまくなりたい」と欲求が高まる年齢になると、デッサンなどの技術を教えるこちらのクラスをお勧めします。

ですが、初めは、モノを見る目を養う感性を存分に磨いてあげたいのです。

LESSON 3

色をつけよう!!

030

やしろ先生

だいぶ上手に描けたね。草や人間、エサのお肉まで二人で話しながら決めて描けました。次に、色を塗りましょう!どんな色にする?

ここにあるペンの色、全部を使う!!

028
031

大輪学院長

いいですね。自分の「やってみたい」がどんどん出てきてますよ。

マジックや絵の具、粘土も、思う存分使わせてやりたいけど、家の中だと汚されると思ったり片付けたりを考えただけで断念せざるを得なくて。

029
031

実は、私の子供があきら君くらいだったころ、私も同じような悩みを抱えていました。思う存分絵の具や粘土を使わせてあげたい…でも、子ども主体でできる美術クラスがありませんでした。ですので、私が、自宅を開放して始めたのが創立のきっかけです。

030

いいね、できました! 完成です。

できたー!!

028

ここまで1時間、笑顔のまま集中して出来ました。びっくりです!!

気づけば生徒さんも来室し始めていますね。

今回のカリキュラムは、操り人形ですか?

029
031

3月のカリキュラムのひとつで「カラフルマリオネット」という造形課題です。

カリキュラムは、毎月、週4回分を私と講師たちで考えます。絵画、造形、デザイン、集団制作の中から、毎回異なるカリキュラムが組まれるのでいつでも楽しくモノづくりができます。毎月のカリキュラムは全アトリエ共通で、各アトリエの開校時間内に自由に受けます。

カリキュラムが1時間と書いてあるので、入校した際は、お迎えも1時間後に来ればいいんですね。

029
031

はい、そうです。どのアトリエも共通して18時で閉校になるため、最終受付は17時になります。

こうして学院長とお話ししている間も、先生が牛乳パックで簡単なおもちゃを作ってくれていますね。アットホームな雰囲気がとてもいいです。

029
031

楽しいカリキュラムが多く遊んでいるように見えますが、カリキュラムの中で色の混色を学んだり描写の仕方や技法も楽しくわかりやすく組み入れています。画材もマジック、水彩絵の具、アクリル絵の具、クレヨンなどさまざま。

ここで学んだモノづくりの楽しさが、今後、お子様を取り巻くいろいろな分野で役に立つと信じています。

作品集

体験者写真

レッスンを終えて

やしろ先生ときょうりゅうを描こうとはなして、きめて、ぜんぶの色を使って描きました。つかさ先生とは、カエルがぴょんととぶものをつくってとばしました。
早く、また行きたいです。

<ママ>
息子がこんなにも集中するんだってことを、身を持って体験しました。今回は、「ふしぎスクリーン」という、ひっぱると自分が描いた絵が変わるおもちゃ作り体験でしたが、終始、集中していました。彼は最終的に、夢中になったため寝ころんだ状態で絵を描き、ずっと、先生としゃべりながら取り組んでいたのです! 学校では「おしゃべり禁止」が一般的ですが、ここではそんなことはありません。頭の中にあるイメージやいろいろな事柄を、先生と一緒に話しながら、モノづくりを楽しむことができます。
また、アトリエ開校時間内であれば自由にカリキュラムを受けられる点、ママは同席していなくても良い点、カリキュラムは毎週異なる点、思いっきり絵の具や粘土を広げられる点などが気に入りました。講師の方々もみなさん、美大を卒業された先生ばかりで、子どもの扱いにも慣れている印象もありました。自由を求める息子のようなタイプにはピッタリだと思います。

この教室の詳しい情報はこちら