• 検索 検索
突撃!体験レポート

突撃!体験レポート 無料体験ってどんなことしてるの?実際に行ってきたよ! 突撃!体験レポート 無料体験ってどんなことしてるの?実際に行ってきたよ!

今回無料体験してきたのは…

劇団sana

演劇
体験者写真
私たちが行ってきました!
  • あやねちゃん
  • あやねちゃんママ

LESSON 1

説明とストレッチ

sana01

ますみ先生

今日はあやねちゃんが体験に来てくれたので、人数を考え「コンビニ強盗」という台本を選んでみました。あやねちゃんは、いくつですか?

7歳です。

sana02

あやね

sana01

台本には多少漢字も入っています。読めない漢字はフォローするので、臆せず読んでみてね。

漢字が思ったより多いですけど、大丈夫ですか?

sana03

ママ

sana01

今日は楽しく朗読会のように読めればいいので、大丈夫です。それに、何度か読み進めるうちに子どもって漢字を暗記するんですよ。そうしてそのうち読めるようになりますよ。

それはありがたいですね。

sana03
sana01

それでは、台本を見てください。「コンビニ強盗」というタイトルですが、コメディータッチの楽しい内容になってます。どんな登場人物がいるかというと、強盗、コンビニ店員2人、客の女子高生の4人です。

ますみ先生とみんなと台本を読む

「強盗だ!手を挙げろ」

「かしこまりました~」

「う、うん・・・おら!そっちの客もだ!手を挙げろ」

「え~なんでー」

「『なんで~』じゃない!さっさと手ぇ挙げろ!」

「仕方ないなぁ・・・はーい、挙げましたー」

「・・・妙にイラッとくるけど、まあいい。おい!金を出せ」

sana02

おもしろい!!

sana03

LESSON 2

配役を決めて読み合わせ

sana01

ますみ先生

台本が読めたら、配役を決めます。

じゃあ、あやねちゃんは「店員」をやってみようか。

はい。

sana02
sana01

じゃあ、スタート!!

配役が決まったら、円になって台本を読んでいく

sana01

はい、OKです。あやねちゃん、店員、上手だったよ。

店員はどんな性格だと思う?

ちょっと、抜けてるというか。

sana02
sana01

女子高生はどんな性格だった?

自分のことばかりというか。

sana02
sana01

そうだよね。強盗のほうが「まとも」なんだよね。

だから、最後のほうは、強盗がみんなにお説教しているけど、あれって店員や女子高生を心配して言ってるんだよね。だから後半になるにつれて、強盗が優しくなっているのわかる?強盗役をやる場合はその辺を意識するんだ。店員も、その抜けている感じなんかを出すためにはどう強弱をつけるかとかね。

深いですね。

sana03
sana01

「この人はどういう性格か、なぜそうなったのか」など、頭の中で想像することで、自然と他者理解にもつながるんですよ。

それに、今日のような場合はセリフは決まっているけれど「会話」なので、次の人のセリフを言い易くすることが大切です。

自分が目立つように!!と思って演じると、全体の質が下がりますから。

そういう気遣いなんかも、育まれるんですよ。

今日は読むだけなのでしょうか?

sana03
sana01

11月に、他県の演劇イベントに出ようと考えています。

演劇になれば、立ち位置や体の動きが入ってきますよ。

簡単な役ならできるかな?

sana03
sana01

あやねちゃんがこのまま「出たい」と思ってくれたら、ウェルカムですよ!!

「簡単な役」と言いましても、例えば、背が高い人の役とか太った人の役とか、あやねちゃんのできる役、できない役もありますから。

ですから、私のほうでベストな役を考えて、おすすめしていきますよ。

あやねちゃんがOKなら、11月の発表に向けて、台本の読み合わせだけでなく、実際の動きの演出を取り入れた舞台の練習もしていきましょう!!

(笑顔を見せる)

sana02

舞台仕立ての練習も楽しみです!!

sana03
体験者写真

レッスンを終えて

台本がおもしろくて気に入りました。読めない漢字もあったけど、先生が教えてくれて、やっているうちにはまってしまいました。オリジナル台本の舞台があるそうなので、出てみたいなと思っています。

<ママ>
ズバリ、大正解でした。前に前にと出ていくタイプではない娘ですが、今回の台本にとってもはまってしまったようです。私も、コメディータッチの台本が読まれるたびに大爆笑。娘は自分とは違うキャラクターになりきれていました。(先生が、娘が演じやすそうな配役をさりげなく誘導してくれたのかも)。先生は役者に応じて、色々な顔や声を使い、とても面白かった。練習風景なのに目が離せないなんて、珍しいですよね。私も体験しようか考え中です。

この教室の詳しい情報はこちら