• 検索 検索
突撃!体験レポート

突撃!体験レポート 無料体験ってどんなことしてるの?実際に行ってきたよ! 突撃!体験レポート 無料体験ってどんなことしてるの?実際に行ってきたよ!

今回無料体験してきたのは…

robotec ロボテック(宇都宮ベース)

プログラミング教室
体験者写真
私たちが行ってきました!
  • はるくん
  • はるくんママ

LESSON 1

オリエンテーション

044

まぶ先生

今日のレッスンではどんなことをするのか、流れをお話して行きますね!今回は、レゴブロックで作ったロボットを走らせてみようと思います。はる君はレゴブロックで何か作って遊んだことはあるかな?

作ったことあるよ!おうちにもあるから、幼稚園がお休みの時に作って遊んだりするよ!

037

パパが休みの日に、一緒にレゴで車や建物を作って盛り上がっているのをよく見かけます。

045
044

ロボテックでは、日常生活の中で親しみのある、レゴブロックの「WeDo2.0」という教材を使ってロボットを作って行きます!見たことのないものを使って一から始めるよりも、自分が触れたことのある教材で学び進めた方が、最初の戸惑いや苦手意識を持つことなく可能性を広げていくことができると思います。

確かに、子供って意外と敏感なので、初めての場所や初めて見るものなどに最初は不安を感じますよね!レゴブロックだったら、一度は触れたことがあると思うので使い勝手もある程度分かっていていいですね。

045

早くレゴ作りたい!なんでレゴで作ったロボットを動かすことができるの!?

(たくさんのパーツを目の前にして、早くもレゴに触れたくて仕方がない様子(笑))

037
044

「動け!」と指示を出すタブレットと、その指示を受け取るセンサーをBluetoothでつないで動かしているよ。そのセンサーの付いたブロックを、ロボットと一緒に組み立てることで、作ったレゴを動かすことができるようになるんです。

はるくんのレゴも動くかな〜?

LESSON 2

ロボットを作ってみよう!

044

まぶ先生

さっそく説明書にそって組み立ててみましょう!必要なパーツを探して並べてみよう!

この説明書、必要なパーツの絵と何個必要かが書かれていて分かりやすい!レゴ苦手だけど、私でもできそう。

045

見つけた!!これが2個だね。

037
044

そう、見つけるのが早い!!似たようなパーツがたくさんあるから、難しいよね!そうしたら、探し出したパーツを組み立てて行こうか。

ここに黄色いブロックで、ここは・・こうか!!

037

すごい!説明書を見てひとりでどんどん組み立てている!第一子で過保護に育てすぎたのか、何かをやる時はいつも、私に答えを求めながらやる姿しか知らなかったので、こんなに夢中になって自分で作りあげていく姿にちょっと感動・・・!

045
044

そうしたら、メインの心臓部分のセンサーブロックを組み込んでみよう。

できた!!いえーい!!(途中、何度か先生に助けられて何とか完成)

037

LESSON 3

プログラムを組んでみよう!

044

まぶ先生

できあがったロボットを動かすために、タブレットを使ってプログラムを組んでいきます。

ぼくにできるのかな・・

037
044

大丈夫、パズルみたいに組み合わせていくよ!「動かす力の大きさ」や「前に何秒間すすむ」と言う動きの命令ボタンをつなげていくんだよ。

プログラミングって、そんな簡単にできるんだ!普段スマホやタブレットは使い慣れているから操作自体は簡単だね!

045

この、前にすすむボタンと、パワーは100で・・・

(思うがままにプログラミングする息子(笑))

037
044

じゃあ、はる君がプログラミングしたロボットを動かしてみようか!スタートボタンを押してみよう

〜〜〜〜〜〜〜!!

(感動に言葉が出ず、驚きと喜びで満面の笑顔)

037

動いた~!!すごい!感動!(動きはごちゃごちゃだけど(笑))

045
044

動いたね~!すごい!ちゃんと前に進んだね。

・・これは何だろう?動物かな?車かな?

カエルみたい・・。

ガタンガタンって動くから、もっと車みたいにシューッと走らせたいな。

037
044

そうだね!実際動かしてみてどんな動きをするか分かったから、もっとスムーズに動くロボットに進化させてみようか。

LESSON 4

改造してみよう!

044

まぶ先生

スムーズに動かすにはどうしたらいいのかな?

足の部分に車みたいにタイヤをつけたらどうかな!

037
044

いいかもね!そしたら、足の部分のパーツをばらしてタイヤをつけてみようか。

タイヤをつけたよ!(どうにか足の部分にタイヤを装着)

037
044

じゃあ、またさっきのように動かしてみようか!

うーん、最初よりはいいけど、まだガクガクしてるかな。

037
044

うーん、何だろう?タイヤをつける位置が問題なのかなぁ?

よーくみてみよう。

あ!ここのブロックとタイヤがちょっとぶつかっちゃってる!

037
044

ホントだー!よく見つけたね!

こうやって、自分の理想通りに動くように、改良を重ねていくんですね。

045
044

そうですね!改良して動かしてみて、また改良して・・を何度も繰り返していきます。

うまく進むようになった!(ドヤ顔)

037
044

本当だね!とっても早く走るようになったー!

そしたら、ここがスタート、こっちがゴール地点(テープで線を引く)。ゴールでピッタリ止まるようにしてみよう!

よし、やるぞ!前に何歩進んだらピッタリ止まるかな?あ!歩いて数えてみよう!(1.2.3・・歩いて数える)それをプログラミングして・・今度はどうかな!?

037
044

おっ、惜しい!!ちょっと前進が足りなかったかな?足りない部分はどこだろう?

そっか!じゃあもっと前に進むようにしよう! おおー!!ピッタリ止まった!

(コツを掴んだのか、短時間でミッションクリア)

037
044

すごいね!はる君が作ったロボットがこんなに進化して、思い通りに動くようになったー!

すごい!!この子才能あるかも!(親バカ)

045
044

はる君、ミッションクリアです~!おめでとう!

LESSON 5

プレゼンしてみよう!

044

まぶ先生

どうやってカエルからこんなかっこいい車にできたのかみんなに教えてください!

プレゼンの時間もあるんですね!自分の思っていることを人に伝えることができるようになって欲しかったので、ありがたいです。

045

えーっと、後ろのガタンガタンってしてたところをタイヤに変えました。

037
044

なるほどー。そうしたらまっすぐガタガタ言わずに進むようになったんだね。

もじもじしてるけどちゃんと説明してる〜

045
044

子供たちは可能性に満ち溢れているので、大人が思いつかないことをしてくれるのでこっちが学ばせてもらっています。

ロボテックでは、問題を解決していくプロセスを大事にしているので、「自分でできた!」という経験がたくさんできると思います。その経験は自分を肯定する力につながり、将来どんな世界でも活躍できる子になって行けると思います。

体験者写真

レッスンを終えて

<ママ>
息子が、終始楽しそうに目をキラキラさせながらレッスンを受けていたのが印象的でした。あまり集中力が続かないと思っていたのですが、飽きることなく夢中になって取り組んでいたので、驚きました。自分で作ったロボットを、初めて動かした時の驚きと嬉しさの混じった息子の笑顔が、今も胸に焼き付いています。親としてとても感動的な瞬間でした。きっと息子も「自分でできた!」という自信がついたのではないかと思います。
教材のレゴやiPadを準備してくれているので、購入する必要がありません。そのため初期費用もかからず家計にもやさしいと思いました。

この教室の詳しい情報はこちら