• 検索 検索
突撃!体験レポート

教育について

中学受験がアツい!受けることのメリット・デメリット

中学受験を受ける子どもたちが、都市部だけではなく地方でも増えてきています。一般の県立高校の中高一貫化など、さまざまな理由が挙げられます。見守る親は、自分も中学受験を経験した人、自分は一切学歴にこだわらず生きてきた人さまざまですよね。現在の中学受験についてと、中学受験を経験すること、中学受験で進路を決めることのメリット・デメリットについて考えていきましょう。

中学受験とは?地域の公立中学ではない中学を受ける

中学受験とは、そもそもどんな「受験」なのでしょうか。意外と知らないその広い選択肢についてご紹介します。

中学受験とは地域の公立中学以外の選択肢

中学受験とは、地域にある学区内の公立中学校に進学する以外の選択肢になります。一般的な小学生は、義務教育の流れとして、地域にある学区内の公立小学校を卒業したら、同じ学区内にある公立中学校へ通うことになります。

しかし、地域にある学区内の公立中学校ではなく、「入学試験」を行っている別の中学校へ通うこともできます。その際選択肢として挙げられる中学校は大きく分けて3つになります。

・公立の中高一貫校

・私立の中学校

・私立の中高、中高大一貫校

 

 

これらのいずれかに「入学試験」を受け、合格を勝ち取って進学することが、いわゆる「中学受験」という選択肢になります。

中学受験で受けられる学校1…公立の中高一貫校

中学受験で受けることができる学校としては、まず公立の中高一貫校が挙げられます。最近は公立高校が中高一貫校として新たに中学部を設け、中学受験で生徒を獲得して、高校受験を行わないというケースが増えてきています。

もともと都道府県内でも学力の高い高校が中高一貫校となることが多く、人気のハイレベル高校に中学から一貫して通うことができるため人気があります。その分、受験競争も熾烈と言えます。

中学受験で受けられる学校2…公立・私立の中学校

中学受験で受けることができる学校には、公立・私立の中学校もあります。たとえば各国立大学の附属中学は、高校がないというところが多く、一度外部の高校を受験しなければならない仕組みになっています。

また多くの私立中学が、最近では中高一貫スタイルをとっていますが、今でも高校をもたない私立中学は存在します。より高いレベルの進学系高校を受験するためのステップといえます。

中学受験で受けられる学校3…私立の中高、中高大一貫校

中学受験の進学先としてもっともポピュラーなのは、やはり私立の中高一貫校、もしくは私立大学附属の中高大一貫校でしょう。たとえばかの有名な灘や開成も、中高一貫校になります。こうした東大・京大合格者を多く輩出するハイレベルな中高一貫校は非常に人気があります。

またハイレベルな私立大学の附属中学を受験し、そのままエスカレーター式に内部受験のみで大学までの進路を確保しておきたい、というケースもあります。内部受験での進路を確保し、さらにハイレベルな旧帝大などを受けるというパターンです。

 

中学受験で地域の公立中学以外の学校へ行くメリット

中学受験を経験し、地域の公立中学校以外の中高一貫校や私立中学校などに通うことには、どんなメリットがあるのでしょうか。気になる中学受験のメリットについて見ていきましょう。

公立の中高一貫校のケース

・高校受験の必要がない

・一般の中学校よりも時間に余裕ができる

・高校の特色が強い特徴的な授業・経験

・大学受験の準備に早く入ることができる

 

公立の中高一貫校を受けた場合、大きなメリットは高校受験を受けずに済むということが大変大きなものでしょう。それだけではありません。中高一貫の教育を行うため、一般的な中学校では3年間という短い区切りのためにできない体験も、授業の中に組み込むことができます。

高校がスーパーサイエンス校に認定されたことがあったり、英会話教育に長けていたりといった特色があれば、中学生のうちから貴重な授業や機会に触れることができます。

また高校受験を受ける必要がないため、中学生で受けるべきカリキュラムを早めに切り上げ、一般的な中学校の生徒が高校受験の勉強に励んでいるころから、大学受験の準備に入ることができるなど、勉強面でのメリットが大きいと言えます。

国立大学附属・私立の中学校のケース

国立大学附属中学の場合

・古くから進学校としての歴史があるところが多い

・進学高校への進学率が高め

・大学教育学部附属ならではの特色ある授業

 

国立大学附属の中学校の場合、古くから「進学校」として名を馳せているところが多く、県内外のハイレベルな進学高校への進学率が非常に高いところがたくさんあります。また大学の教育学部の附属になっているところも多く、特色ある授業を行っているところも少なくありません。

私立中学校

・学校のカラーがハッキリしている

・学習指導要領に縛られない授業内容

・教師陣の厳選

・修学旅行や研修などが一般の中学校よりも豪華

 

私立の中学校は、創始者の建学の精神が貫かれていることが多く、学校のカラーがハッキリしているため、選びやすいというメリットがあります。一般の中学校とは異なり、学習指導要領に忠実に授業を行う必要がありません。

そのため文科省とは違った目線で組まれたカリキュラムで、文武に優れた教員による授業を受けることができます。また修学旅行なども、一般の中学校では行けないような場所を選択するケースも多いようです。

私立の中高、中高大一貫校のケース

・学校のカラーがはっきりしている

・自分の性格に合わせて学校のカラーを選べる

・自由な授業、受験に焦点を合わせた学習ができる

・よりレベルの高い大学を目指せる

・学校の施設や行事などが非常に充実している

・部活動が充実している

 

私立の中高、中高大一貫校の場合は、私立中学と同じように学校のカラーがはっきりしているというメリットがあります。自由な校風、ハイクオリティな学習内容、文武両道……など、自分の好みに合わせて学びの場を選択できます。

また学習指導要領に縛られない、自由な授業を進めることができます。また中高一貫の場合は高校受験、中高大一貫の場合は大学受験まで、内部受験で進学することが可能です。もちろん、もっと高いレベルの大学を目指すことも可能です。

中高の6年間、同じスタンスで教育することで、時間の無駄を作らずに大学受験に向けてハイレベルなカリキュラムを組み、特色ある授業も行うことができます。

学校の施設も行事、修学旅行や研修旅行、長期休暇中の留学なども行われ、充実した中学、高校生活を送ることができます。また部活動の内容も充実しているところが多く、一般的な中学校では選択できないようなスポーツや芸術に早くから部活動として触れることもできます。

中学を受験すること自体のメリット

中学受験には、受かっても、たとえ落ちてしまったとしても、「中学受験をすること自体のメリット」があります。それはどんなメリットなのでしょうか。

早めに「受験」を経験することができる

まずは、早めに本格的な「受験」を経験することができるという点が大きなメリットです。小学校までは、一般的な公立小学校に通っているだけでは、本格的な統一模擬試験を受けるチャンスもほとんどありませんよね。

しかし本格的な受験を経験することで、受験勉強を経験することになります。受験勉強のために、多くの家庭では子どもを塾に通わせたり、通信教育を受けさせたりするなどの受験準備を行うでしょう。

その中で、子ども達は何度も行われる模擬試験を経験し、試験慣れしていきます。時間内に難しい問題をいくつもこなすことや、効率よく問題文を読むこと、試験を受けること自体の緊張感などにも慣れていきます。

万一今回の受験には失敗してしまったとしても、高校受験の時に必ず役立つ体験になります。また受験勉強のノウハウは、中学校の定期試験勉強にも役立ちます。

その後の高校受験をパスすることで大学受験の準備をじっくり行える

中学受験で中高一貫校に行けば、当然ながら高校受験を受ける必要はなくなります。中高一貫校では早めに中学校のカリキュラムを終え、早めに大学受験の準備に入るところが多いので、じっくりと進路について考え、受験勉強に励むことができます。

中学受験で地元以外の中学校へ行くデメリット

これまでは中学受験に関するメリットだけを見てきました。しかし、中学受験にはデメリットもあります。メリットだけがクローズアップされやすい現在、きちんとデメリットについても考えて進路を決めたいですね。

地元の友人と交流が少なくなる

中学受験をパスして地元以外の中学校へ通うと、当然ながら地元の友人との交流は少なくなります。地元の学校による廃品回収などのボランティア活動にも参加することはなくなりますし、それぞれの子どもはそれぞれの学校のタイムスケジュールに合わせて行動するため、時間が合わなくなることも多いでしょう。

地方だと地元のお祭りに中学生が駆り出されたり、マラソン大会などへ参加したりといった行事が行われることも多いと思いますが、そういった時、ちょっとした疎外感を覚える可能性はあります。

また他の子ども達が高校進学でそれぞれの道へと旅立っていくのに比べ、3年間は早く別の道へ進むことになります。そのため、成人式や同窓会で地元に戻った時も、多少寂しい思いをするかもしれません。

遠方の学校の場合、部活や学校行事の練習への参加が難しい

東京都内やその周辺にある学校など、大都会の学校へ地方から通う場合、中学生という事で下宿や一人暮らしではなく、通学を選択するケースが多いでしょう。現在は交通事情もよくなっているので、頑張ればかなり遠方からでも通うこと自体は可能です。

しかし、遠くなればなるほど通学に時間がかかることになります。片道2時間かかってしまう子どもや、往復5時間かかる子どもという話も珍しくはありません。また地方だと、あまり遅い時間には電車が少なくなることも考えられます。

そのため、学校に遅くまで残っていることができないというデメリットが出てきます。日常的には、一般の中学校が夕方6時~7時くらいまで部活動の練習ができるところ、遠方通学をしている子どもには難しくなります。

 

 

体育祭や文化祭、合唱コンクールなどの学校行事が近づくと、遅くまで残って練習をしたり、準備をしたりすることもあります。しかし、帰りの電車のタイムリミットが早い子どもは、友達と一緒に残ることができません。

仲良しグループで帰り道に遊んできたり、ちょっとおやつを食べに行ったりという、学生にとって「当たり前」の楽しみも、我慢せざるを得ない可能性も高くなります。

受験前は学校生活の細やかな部分にまで想像を巡らせることは難しいかもしれません。でもこうした点もよく考えて、「どこまで遠くの学校までチャレンジさせるか」を決めたいですね。

より高いレベルの公立高校を受験するチャンスがなくなる

公立の中高一貫校を選択した際、より高いレベルの公立高校を受験したいと思っても、チャレンジする機会がなくなってしまう可能性も大いにあります。

公立の中高一貫校はだいたいレベルの高い高校が中高一貫制を採用することが多く、中高一貫教育を行うことで、これまでよりもより高いレベルを目指せるようになることがほとんどです。

しかし、同じ都道府県内に、より高いレベルの学校が存在する場合も多々あります。中高一貫校を選んでしまった時点で、途中で在学している中学を退学し、高校受験に改めてトライするということが許されなくなる学校は少なくありません。

ハイレベルな公立高校の場合、だいたいトップクラスで偏差値が70以上の学校であれば、旧帝大や医学部、一流私大に多くの生徒が進学できると言われています。

しかしトップクラスと言われる高校であっても、偏差値が70を割っている学校や、県下3位に入ることができていない学校の場合、旧帝大や医学部、一流私大の合格が少し難しくなるかもしれません。

もちろん受験すること自体は自由ですが、合格率に大きな差が出ることもあります。中高一貫校を選択する場合は、必ず高校の進学実績を調べ、途中でより高いレベルの高校を受験することは可能かどうかも調べておきたいですね。

学費が非常にかさむ

私立中学であれば、年間100万円程度、入学から3年間で300~400万円程度の学費がかかると言われています。もちろん学校によって、部活動の内容によってはそれ以上かかりますし、途中で海外研修などに参加すればその都度何十万円とお金がかかります。

万一校風が合わなかったりいじめに遭ったりした時の対処

万一校風と性格が合わなかったり、子どもがいじめに遭ったりした場合、一般の中学校の場合は教員、教育委員会、警察などに動いてもらったり、別の校区の中学校に転校することも可能です。

でも苦労をして受験を勝ち抜き、高い入学金を支払って入った中学校となると、簡単に「やめて別の学校へ行く」という選択肢を子どもが思いつけず、ひとりで深刻に考えすぎてしまう可能性もあります。

そういった場合も「大丈夫だから、なんでも相談してね。本当に合わないのに、無理をして自分を傷つける必要はないんだよ」ということは子どもに伝え続けていきたいですね。

 

中学受験は学校選びを慎重に!学校生活をシミュレーションして

中学受験は、学校選びを慎重に行うことが重要です。受験という試練だけに意識が行きがちですが、それからの生活が本番です。子どもが実際にその中学校に通うことを、家族で綿密にシミュレーションして、本当に充実した中学生時代を送ることができるか、しっかり考えたうえで選びたいですね。

  • 2019.3.12
シェアする