• 検索 検索
突撃!体験レポート

教育について

勉強が苦手で嫌いな子どもに勉強を少しでも好きになってもらうコツ

子どもが「勉強ができない」「勉強がわからない」と訴えてきたとき、叱ったり「本当に勉強ができない子なんだから」と子ども自身を否定したりしてはいけません。

しかし「そんなことないよ、あなたはやればできる子だよ」と言い続けたところで、なんの解決にもなりません。子どもが勉強を理解できないことは事実だからです。

子どもが「自分は勉強ができない」という自覚を持った後、「勉強は苦手で嫌い。自分は勉強のできないだめな人間だ」という劣等感を持たせたくありませんよね。できるだけ自己肯定感を守り、子どもが自分を傷つけずにすむ【勉強の教え方】をご紹介します。

勉強が苦手な子どもに家庭でできる【勉強の教え方】

みなさんは我が子が「勉強が苦手で嫌いな子ども」だと分かったら、どう対処しますか。塾に入れるという方が多いと思いますが、自宅で親がしてあげられることも少なくありません。塾に入れる前に、少し家庭で勉強のノウハウを伝えて、様子を見てみましょう。

1.テストやドリルを見直して苦手教科と苦手分野をあぶり出す

子どものテストや宿題ドリルを見直して、苦手な教科と苦手な分野を確認することから始めてみましょう。子どもは「算数が嫌い」「社会がつまんない」など、ざっくりとした感覚しか持っていないかもしれません。

そんな時に役立つのがテストやドリルです。間違えが多かったり、扱い・やり方が雑だったりする教科や分野は苦手な可能性があります。またノートの取り方もチェックしてみましょう。

2.苦手教科がある前の日に教科書をあらかじめ読ませる

次に、苦手な教科がある日の前日に、苦手教科の教科書の、翌日習う予定の部分をじっくりと読ませます。分からない箇所は簡単に説明し、できれば教科書にある演習問題を2問ほどで構わないので解かせてみます。

また教科書を読み終わってから「どういうことか分かる?」と訊いて、分からないと言ったら、分からない部分の前段階に当たる箇所まで戻って再度読ませてみましょう。

さらに分からないようなら、1日では修復できません。無理はせず、週末に回して、苦手教科の「翌日習う部分の教科書読み」だけは毎日行うようにしてみましょう。

3.教科書を読んで授業を受けると先生の話に集中しやすくなる

あらかじめ教科書を読み、ある程度理解をしてから授業を受けるだけで、翌日の授業で子どもは「あ、ここ昨日ママやパパと勉強したところだ」と気付きます。子どもは、そのようなちょっとしたことでも優越感につながり、好奇心を刺激します。

また一度軽く理解しているので、先生が話すこともすんなり耳に入ってきます。まったく知らない知識を耳から聞きながら手で板書を写すことは、子どもにとってとても難しい「マルチタスク」。授業が頭に入らなくても仕方がありません。

でも知っている知識なら作業に余裕が生まれます。一度教科書をしっかり読み込んでいくだけで、授業中の集中力がぐんとアップするのです。

4.宿題は今日の復習だと子どもに気づかせる

宿題が好きな子どもはまずいませんよね。誰でも宿題は面倒なものです。でも、昨日ママやパパと勉強したところの復習だ、と気づくと、感覚もちょっと違ってきます。

今日の授業を集中して聞けたため、理解度はいつもよりもアップしているはずです。そこでちょっとだけでも「あ、この計算って昨日の夜に出てきた方法でできるんじゃない?」などアドバイスしてあげると、子どもは「スラスラ解ける」という成功体験を積むことになります。

子どもを伸ばす大きなポイントは「興味を持たせる」ことと「成功体験を繰り返す」ことです。興味がわけば授業に集中するようになり、成功体験を積んで褒められることが増えれば、おもしろいと感じることも増えてきます。

5.週末はまとめて苦手の克服デー

教科書読みやテストの見直しであぶりだした苦手部分は、週末にまとめて克服していきます。苦手教科の分からない部分をピックアップし、その前段階にあたる部分を再度教科書読みから行います。

どんどん巻き戻って、学年の最初や前学年に戻ってしまったときは、夏休みや冬休みのような長期休暇に回します。日常ではこれ以上遅れてしまわないように、基本的に「翌日習う部分の教科書読み」をさせていきましょう。

学年の最初からできれば何よりですが、夏休み前になってしまったら「夏休みの友」のようなドリル宿題などを上手に活用して、子どもの苦手をひとつずつ克服していきましょう。

6.授業を義務ではなくワクワクできる時間に

一般に教科書読みの宿題は国語しか出ません。でも算数や理科、社会も一歩先に読んでいくだけで、授業は「知ってる!」知識の宝探しタイムになります。

わかることが増えれば、先生の話の中におもしろみを見出すこともできるかもしれません。また挙手して答えられれば、成功体験が増えることになります。

その結果としてテストでいつもよりも高い点数が取れたら、「勉強が苦手じゃなくなってきた」と自分で感じられるようになるのではないでしょうか。

 

「勉強が苦手だから嫌いだ」と子どもが強く感じる前に取りたい対策

子どもが勉強につまずいたとき、「自分は勉強が苦手だ」と思ったり、「頑張っても報われないから嫌いだ」と感じたりしてしまう前に、親ができることをご紹介します。

子どもが学校のテストで失敗してしまったとき

子どもが学校のテストで失敗してしまったときは、絶対に叱ってはいけません。感情のままに「なんでこんな点数を取ってきたの!」と叱ってしまったり、なじってしまったりしたら、子どもは良い点数のテストしか親に見せなくなってしまいます。

一度叱ってしまえば、子どもは悪い点数のテストを見せると叱られることをすぐに学びます。悪い点数しか取れなくなると、テストを一切見せなくなってしまいます。それでは子どもが今、どんな教科のどんな箇所でつまずいているのか、知る機会を失ってしまいます。

子どもがテストで失敗したときは、冷静に対処します。もう一度テストを解きなおし、どこでつまずいたのかをきちんと確認することで、親子ともにどこが苦手ポイントなのかを把握することができます。

子どもが「自分は勉強ができない人間なのではないか」と相談してきたら

子どもは周囲の目や態度に敏感なので、勉強に対する苦手意識や嫌悪感はかなり早い段階で生まれます。そのため、苦手意識や嫌悪感がまったくない状態から対処することは難しいでしょう。

親が子どもの「勉強ができない事実」に早く気づいてあげることで、勉強に対する苦手意識や嫌悪感が強くなる前に対処することが可能になります。

もしも子ども自身が「自分は勉強ができないんだ」と告白してきたり、相談してきたりしたら、まずは真摯に話を聞いてあげたいですね。

その時にとても忙しい場合は、「今ご飯の準備をしていて忙しいけれど、あとで必ず聞くから、○時まで待っていてね」と約束をし、きちんと守ってあげましょう。まずは子どもに話をさせ、親は黙って聞き手に回り、子どもの話を中断しないことがポイントです。

勉強ができないのではなく勉強の仕方に問題があることを伝えよう

多くの場合は、勉強ができないのではなく、勉強の仕方に問題があったり、その単元に関係する前の単元でつまずいていたり、何らかの原因がひそんでいます。

また宿題をしていないのに遊んでしまい、毎日宿題が手抜き作業になっていたり、学校側がどう考えても多すぎる量の宿題を出していたりして、じっくり考える時間が足りないこともあります。

宿題もやり方次第で復習や予習として非常に役立ちます。特に最近多くの学校が出すようになった自主学習ノートは、使い方によって勉強の柱になってくれます。

しかし、効率や宿題を出された意味を理解せず、ただ面倒だと感じて何も考えずにこなしているだけでは、労力と時間が無駄になってしまいます。

勉強ができない、宿題が終わらないと悩んでいる子どもには、勉強や宿題への取り組み方、努力の方向性を親と一緒に見直すように、働きかけてあげましょう。

生活習慣を見直そう

勉強ができないと思い込んでいても、実は勉強ではなく、生活習慣に問題があるケースもあります。

ゲームなどで深夜まで夜更かしをしていたり、日中運動不足で寝る直前にたくさん食べていたりすると、夜熟睡できなくなります。当然朝起きられず、授業中も集中できなくなってしまいます。

朝ご飯を食べずに学校に行けば、お昼まで低血糖状態で勉強をすることになります。それでは先生の話はしっかり脳にインプットされません。

貧血状態でも集中力が散漫になってしまいます。また夜早く寝て夜中に熟睡しないと、成長ホルモンの分泌が悪くなったり、記憶の整理や定着がうまくいかなくなったりすると考えられています。

子どもの成績が悪いなと感じたら、まずは生活習慣を見直してみましょう。できるだけ寝る2時間前には晩ご飯を済ませ、夜更かしせずに寝かせるようにしたいですね。

テストの点数があまりにも低すぎる場合はスクールカウンセラーに相談を

テストの点数があまりにも低く、国語や算数などすべての教科で10点台、20点台を取ってくるようであれば、特殊な理由がひそんでいる可能性があります。

 

・どの教科も非常に理解が難しい

・教科書を音読させるとつっかえつっかえでスムーズにいかない

・算数などの文章問題が理解できない

・数字や文字を「見て写す」ことが難しい

・机にじっと向かっていることができずすぐに立って歩きまわる

 

このような学習に対する困難が見られる場合は、スクールカウンセラーや養護教諭に相談してみましょう。LD(学習障害)やADHD(多動性注意欠陥障害)など、脳の特性が原因になっていることもあります。

そういった場合は脳の特性に合わせた学習方法を採用していくことで、子どもの学びに寄り添うことができるケースもあります。「なんだかおかしい」と感じたら、ためらわず学校の相談機能をフルに活用しましょう。

 

勉強が苦手・嫌いな子どもへの勉強以外のアプローチ

勉強が苦手・嫌いな子どもには、勉強以外のアプローチが奏功する場合もあります。なぜ授業中に集中できないのか、なぜ宿題を毎日終わらせられないのかなど、疑問がある場合は子どもの生活自体をチェックしてみましょう。

生活習慣を整える

まずは子どもの生活習慣を見直してみましょう。両親が共働きで夕食や就寝時間が遅くなってしまうという場合も、学童の利用や食事の準備時間を変えるなど、工夫してみましょう。

 

・○時までに宿題を終わらせておく

・○時までにお風呂に入る

・宿題とお風呂が終わったらママが帰宅するまでゲームOK

 

など、子どもも守れて親も見守りやすいスケジュールと約束を作ると良いのではないでしょうか。

また子どもが寝付く1時間前には、ゲームやスマホ・タブレットなどの閲覧をやめて、脳を休む状態にしておくと寝付きやすくなるという説もあります。また寝る直前に見聞きしたことは脳内に定着しやすいという説もあるので、この時間を学習にあてても良いでしょう。

朝は決まった時間に窓を開けて光を入れ、空気も入れ替えましょう。子どもの体を問答無用に起こし、布団をたたんでしまえば嫌でも早起きできるようになります。

テストはどんな小さなものでも親に見せて解きなおす

テストはどんなに小さなものでも親に見せるようにしましょう。学校では大きなテストのほかに、10問程度のミニテストなどをよく行って、子どもの理解度をその都度チェックしています。実はこの「ミニテスト」が、子どものつまずきに気づくためのお役立ちアイテムになります。

ミニテストは子ども達もあまり緊張せずに取り組みます。また今学んでいる内容に直結しているので、現在授業を受けている内容をどれくらい理解しているか、数学や化学なら公式を覚えているか、漢字は復習しているかなどが分かります。

テストでどんなに失敗したとしても、たとえ0点を取ってしまったときでも絶対に叱らずがっかりもしない姿勢を貫くことで、子どもは親にちゃんとテストを見せてくれるようになります。叱らなくても「あーあ」とがっかりした顔を見せてはいけません。

点数の低いテストを前に冷静でいる方法

親も人間ですから、我が子にまったく期待しないということも、失敗テストを前に聖母の微笑みを維持し続けることも難しいですよね。

子どもは無条件に「親に笑っていてほしい」「親に穏やかな気持ちでいてほしい」と考えています。また「親にいい子、えらい子と褒めてほしい」「親にとって誇れる存在でいたい」とも感じています。

そんな子どもの前で、テストを見ながらがっくりと肩を落としてしまうと、口では叱らなくても「ああ、やっぱりママをがっかりさせた。もうひどい点のテストは見せない方がいいな」と考えるようになってしまいます。

そこで、こう考えてみてはいかがでしょうか。「テストは授業で得た知識のアウトプットに過ぎない。その結果は今後の勉強に活用するデータにすぎない」と。

テストで失敗したら、それは授業や宿題で知識がちゃんと定着していないサインです。重点的に復習したり、再度教えなおす場所を明確に教えてくれたりするチェックリストでしかありません。点数は、チェックの数の裏返しでしかないのです。

最初はとてもそんな気分になれないでしょう。でもテストをチェックし、復習をすることが習慣化してくると、だんだん機械的に、冷静にテストと向き合えるようになってきます。

宿題は平日の忙しい日でもやったかどうかのチェックだけはしよう

テストをはじめ宿題は、平日で仕事がフルタイムあり、忙しい日であっても必ず「どれだけ出たか、ちゃんと完遂しているか」だけのチェックはしておきたいものです。

プリント類のチェックもあるので大変ですが、テストは専用のファイルに入れて週末に詳しくチェック、宿題はぱっと目を通して最後までやってあるかどうかを見ます。

出された宿題をやり終えていないということは、親と約束した生活習慣の約束を破っているか、かなり学習に遅れが出てしまっているか、何らかの問題が発生している可能性が大きくなります。

また子ども達の実力とかけはなれた量の宿題を先生が出している可能性もあるので、問題解決は週末に回し、宿題を手早く終わらせるよう声がけし、できるだけ早く寝かせましょう。

またテストで良い点数を取ってきた場合は、「頑張ってよかったね!もう努力が結果に出てきたじゃない」というように、「良い点」ではなく「努力の軌跡」を褒めてあげましょう。
 

基本は親子とも無理をしない!親は「冷静」「叱らない」を心がけて

勉強を「楽しい」と感じるようになるためには、親も子どもも無理をしないことが基本です。無理をすれば、本来好きなことでも嫌になってしまいます。

勉強ができないことでもっとも傷ついているのは子ども自身です。さらに親に叱られないか、親をがっかりさせないか不安を抱えています。

親は冷静に子どもの現状を受け止めるよう心がけましょう。「家庭」は子どもにとって一番安心できる「ホーム」です。その場で子どもを否定するようなことを言えば、子どもの自己肯定感を傷つけ、居場所を奪ってしまいます。

勉強は叱ってもできるようにはなりません。逆に子どもの心を閉ざし、テストを隠すなどの問題行動をさせるきっかけになってしまいます。

「明日学ぶことを、今日一歩だけ先に知る」だけでも、子どもの気持ちは変わります。そして親がちゃんと自分を認めて見ていてくれる、努力もちゃんと知っていてくれると感じることで、自己肯定感も守られます。

無理をせずに一歩ずつ、コツコツと二人三脚の努力を1日数分続けるだけでも意識が変わります。成功体験をひとつずつ重ねていくことが、自信につながるのです。「我が子がまったく勉強ができない、苦手で嫌い」というご家庭のみなさん、一度試してみてくださいね。

  • 2019.10.30
シェアする