• 検索 検索
突撃!体験レポート

教育について

夏休みの宿題を確実に終わらせる!二学期・後期に活きる夏休みの過ごし方

夏休みの宿題に苦い思い出が残っているパパママ、子どもが小学校に入ると「なぜこの歳になってまた夏休みの宿題で悩まなきゃならないんだ!」とガックリしませんでしたか。

今の子ども達も、パパママ世代同様、たくさんの夏休みの宿題に悩んでいます。学校・クラスによっては提出率が非常に悪く、親も先生も対策に追われているところも。

夏休みの宿題は一見「面倒で無駄」に思えますが、長い休暇中に学力や創造性を落とさず、次の学期に向けて伸ばすという役割があります。どうせやらなければならないならば、きっちり役立ててしまいましょう!

夏休みの宿題を確実に終わらせる方法

夏休みの宿題を確実に終わらせることは、会社でプロジェクトを達成するために、毎日のタスクを確実に終わらせていくことと同じです。

社会に出たら、自分のタスクの締め切りを守り、確実に仕事をこなすことは当たり前のことになります。

夏休みの宿題を確実に終わらせることは、大きなプロジェクトを計画的にこなすことの訓練になります。そう考えると、大切なのは「タスクの期日管理」ということが見えてきますよね。

夏休みの宿題を見てくれる塾は少数派

学習塾に通っていると、「夏休みの友・ワーク」系の宿題は見てくれると思いがちですが、実際はほとんどの塾が宿題にはノータッチです。

夏休みは学習塾にとっても夏の短期集中授業などがあり、とても重要な時期。新規会員の獲得シーズンでもあります。塾に頼れば大丈夫、という考えは捨てましょう。

できれば夏休みに入る前に下準備をしておこう

夏休みの宿題を確実に終わらせるためには、計画を立てることが最初のタスクです。しかし夏休みが始まってしまうと、途端に生活のリズムが崩れ、そのままズルズルと1ヶ月を過ごしてしまうことになりかねません。

できれば夏休みに入る前に、夏休みに出る宿題を想定しておき、いつ何をどう終わらせるか、簡単な計画を立てておきましょう。

 

 

もう夏休みが始まっちゃった、夏休みが残り少ない場合は?

もうすでに夏休みが始まって8月に突入してしまった、お盆あけでもう時間が圧倒的に足りない!という場合も、基本は同じです。

落ち着いて、まずはどうすれば終わるかの計画を立てます。計画の立て方は次項から説明します。

夏休みの残りが少ない場合は、とりあえず終わったもの、手つかずのもの、中途半端なものに分けておきます。

宿題を4種類に分ける

夏休みの宿題は、大きく4種類に分けることができます。それぞれの性格を押さえておくことが、宿題を効率的に終わらせるために役立ちます。

夏休みの友・ワーク&ドリル系宿題

夏休みの友・ワークなど、学習中心の宿題です。学校によっては2冊以上出たり、1学期に終わらなかったドリルを終わらせたり、というおまけがついてきます。

自主学習(自学ノート)系宿題

多くの学校で取り入れられ始めているのが、「自主学習ノート」通称自学ノートです。学校によってローカルルールがあり、厳しい学校から「やってあればOK」という学校もあります。夏休みの宿題に出される学校も多数派になってきました。

制作系宿題

たいていの学校で出される「書道展向けの書道作品」宿題と、図画・ポスター・絵画・貯金箱作成などの工作といった「図画工作系宿題」、そして読書感想文や各種作文コンクール用作品があります。標語・俳句など小物宿題も忘れずに。

自由研究

もっとも多くの子どもとパパママが悩ませられるのが自由研究でしょう。昔からありましたが、残念なことに今も健在です。

4種類それぞれについて計画を立てる

宿題の分類が終わったら、それぞれ「いつ、どうやって」やるかを決めます。時間が無い場合は、1日のタスクが重くなりますが、計画的に進めることで終わりが見えてきます。手始めに、中途半端で止まっている宿題や、標語、俳句などの小物を終わらせてしまいましょう。

最後までためがち!制作系宿題の攻略法

手をつけることが面倒で、結局最後までためがちなのが制作系、書道や図画工作系の宿題です。まずは制作系宿題から攻略していきます。

制作系宿題は日にちを決めて親の休みの日にやる

制作系宿題は、やる日にちをあらかじめ決めておくことで計画的に進みます。やる日は、親の仕事が休みの日が良いでしょう。

 他の用事や予定を見て、何も入っていない日に決め、カレンダーに書き込んで親子で予定を共有します。これで逃げられませんね!

習字は紙を字数に合わせて折り「チョット良い筆」で書く

習字を素早く終わらせるコツは、準備をきちんとしておくことです。習字を習っている人は、書道教室の先生に指導をお願いしてくださいね。

ここでご紹介するのは、書道を習っていない上に苦手な子が、手早くササっと終わらせるコツです。

①いつもよりはチョット良い筆と、練習用ではない墨汁を買ってくる

②机の上をきれいに片付け、新聞紙をまんべんなく敷く

③床の上にも新聞紙を敷いておき、書き終えた作品を置く場所を作る

④汚しても目立たない黒系の服に着替える

 

これで準備は完了です。次に、配られた本番用の紙を用意します。

①ツルツルの面が表なので、裏表を間違えない

②お手本を見て、字数に合わせて紙を等分に折る

③まずは親がお手本を見て1枚書いてみる。

④筆を最初に置くときの「ため」、そこから縦横に伸ばす際の力の「抜き」で太細をつける

⑤角は一度筆にグッと力をこめ、力を抜いて曲げる方向へ。筆は上げず紙につけたまま書く

⑥書き始め・角・止め・ハネの直前は力を入れて「太く」

⑦横ぼう、縦ぼうなどの直線、ため・とめ・払い以外の部分は「細め」

⑧はらいは一度筆に力をこめて押し付け、勢いよくスペースいっぱいに

⑨全体に右肩上がりになるように仕上げると上手に見える

⑩気に入らない場所があってもなぞり書きはしない

20枚紙が配られたら、10~20枚書いてみましょう。その中で2枚選んで提出すれば、夏休みの宿題としては十分です。

 

 

ポスター・絵画はとにかく大きく!シンプルに

ポスターや絵画は、対象物をとにかく大きく、紙一杯に書きます。細かいものをたくさん書くと時間がかかります。必ず鉛筆で下書きしてから絵の具を塗りましょう。

まずは背景から塗ります。背景はできるだけ薄い色を、薄めた絵の具で塗るようにすると、素早く乾きます。

時間が1分でも惜しいときは、背景が乾いたところで下書きをクレヨンでなぞり書きしておくと、絵の具のにじみが防げます。

 他の色塗りは、「白っぽい薄めの色」から「黒っぽい濃い色」へ進めていくと、失敗しにくく仕上がります。

また絵の下書きに沿って輪郭を塗ってから内部を塗ると、はみだしが無くきれいに素早く仕上がります。

工作系宿題は図書館の「夏休みコーナー」が宝の山

工作系宿題でアイデアが出なかったら、図書館に行ってみましょう。必ず夏休みの宿題お助けコーナーが作られていて、工作系の本がピックアップされています。

簡単にできそうなものを選び、帰りに100均ショップに寄ると、画用紙・紙粘土・タイルなど、必要な物はほとんど揃います。

読書感想文・作文は「目次」を作ってから下書きする

読書感想文・作文はまず「目次」を作ります。

①導入 なぜこの内容で書こうと思ったか

②説明 導入の説明。読書感想文なら自分が惹かれた個所の説明

③考察 取り上げた問題や惹かれた個所で自分が何を感じたか、どう思ったか

④結び 自分も真似をしたいこと、改めたいと思ったこと、絶対しないと誓ったこと

    さらに今後の自分の成長にどう生かしていくか、社会にどう還元していくか

目次ができたら、項目ごとに書くべきことを箇条書きで書いていきます。最終的にそれらを「です・ます」調でつなげ、下書きを書いて字数を調整します。清書すれば完成です。

原稿用紙も今は100均ショップで売っています。下書きは原稿用紙に書かせ、字数が分かるようにしましょう。

とにかく面倒くさい!自由研究の攻略法

とにかく面倒くさいのが自由研究ですよね。自由研究は、延ばせば延ばすほど心の中に「自由研究やらなきゃ」という焦りとなってとぐろを巻きます。悩む前にチャッチャと終わらせてしまいましょう。

新学年がスタートしたらネタを考える時期

自由研究をスタートすべき時期は、実は夏休みの頃ではありません。新学年がスタートしたら、もうネタを考える時期です。

 

 

上に兄姉がいたら、彼らの理科の資料集を見てみましょう。葉緑体の実験やリトマス試験紙を自作する実験など、載っていませんか?下の学年の子が先取りして家でやってみれば立派な自由研究になります。

 そんな上の兄姉がいない場合や、もはや夏休みの残り日数に余裕などない場合は、これからご紹介する「チャッチャと終わる方法」でなんとかしましょう。

入賞を目指すなら理科系、手軽に済ませるなら社会・国語系

自由研究には優秀作品の表彰があります。主に理系の実験関係だと入賞しやすくなると言われています。そのため、入賞を目指すなら理科系の実験研究が良いでしょう。

 手軽に今家にあるもので済ませるのであれば、社会や国語関係がオススメです。学校で「自由研究は理科に限る」など決まっている場合もあるので、よく確認してくださいね。

理科系自由研究の例

理科系自由研究の例をご紹介します。

▼時間に余裕がある場合…自宅で野菜を育ててみよう

ピーマンやナスなどの夏野菜の苗を買ってきてプランターに植え、毎日水をやって葉っぱの数と全体の高さ、花の付き具合、実の大きさをメモします。1日1ページタイプの日記帳を使い、写真を多用すると簡単に終わり、見栄えもします。実が小さいうちに専用の型にはめると、面白い形の野菜に育ちます。

 

▼時間に余裕がない場合…いろんなものを凍らせよう

卵やこんにゃく、豆腐、お酢、油、しょうゆ、ヨーグルトなど身近なものをいくつか用意し、冷凍庫に入れて6時間ごとに様子を見ます。丸1日放置し、凍った状態がを観察します。さらに2~3時間放置して完全に解凍させ、やはり元の状態との違いを観察します。1~2日で終わります。

社会・国語系自由研究の例

社会や国語系の自由研究も面白いものです。

 ▼社会の自由研究

今日の朝昼晩の献立を書き留めておき、それらの食材の産地を調べます。主食・野菜・肉・乳製品・その他、などに分けて、日本の食料自給率と我が家の実情を比較してみましょう。

 ▼国語の自由研究

時間があったら前の学年に習った漢字、時間が無いなら今年習った漢字をすべて挙げてみます。それぞれの部首を調べ、どの部首の漢字を多く習ったかを調査します。

 時間があれば模造紙などに大きく書いてもいいですし、時間が無ければ100均ショップで小さ目のサイズの画用紙を買ってきて、パワーポイントのようにまとめると良いでしょう。

休み明けにテストが待っている!ドリル系宿題の攻略法

夏休みの友やワーク、ドリルなどの宿題は、勉強・学習が苦手な子ども達にとって大きな負担です。どうすれば溜めずに飽きずにやりきれるか、攻略法をマスターしましょう。

夏休みの友・ワーク・ドリル系宿題は1学期の復習

夏休みの友やワーク、ドリル系の宿題は、1学期や前期で学習したことの復習です。各教科の最初には、前学年で学んだことの総まとめがついているものもあります。

夏休みの友などの宿題は、つい子どもまかせにしてしまいがち。でも、夏休み明けに、1学期や前期に習ったことがちゃんと身についているかのテストを行う学校もたくさんあります。

夏休み前に成績表が配られた場合は、どの教科のどの部分が苦手なのかも分かりますよね。夏休みの友は、その部分を中心に復習をして学習内容を脳内にしっかり焼き付けるためにあるのです。

解答も配布される学校は、解答を親が保管して!

夏休みの友と一緒に、その解答も一緒に配布され、家で丸点けを行うよう指示される学校もあります。

 丸点けは子どもに任せるにしても、夏休みの友を仕上げるまでは、解答は親が手元に置いて管理しましょう。

夏休みの終わりの方まで宿題を放置してしまう子は特に、解答を写して終わりにしてしまいがち。それではせっかくの学習機会を無駄にしてしまいます。

毎日定時に「勉強の時間」を作り、環境を整える

それでは、夏休みの友を計画的に終わらせる方法をご紹介します。

午前中に「勉強の時間」を作ります。また子どもが勉強に集中できるように、できるだけエアコンで温度管理ができ、テレビやゲーム、おもちゃが目に入らない部屋を「宿題部屋」にします。

勉強の時間が8時や9時からスタートするなら、その時間には宿題部屋へ子どもを追い立てて今日のタスクをやらせます。今日のタスクの半分まで終わったらおやつの時間。20分ほど休憩させます。

お昼ご飯の時間まで、もしくは今日のタスクが終わるまでが勉強の時間。午前中はスポーツの練習があるなら、午後でも大丈夫ですよ。

溜めてしまった場合は、とにかく集中力が続く限り、親の監視下でどんどん進めさせるしかありません。

たとえすべての問題を解き終えることができなくても、すべてのページにトライできるよう、ご褒美と叱責を上手に使い分けて急かしましょう。

1日に1教科1ページもしくは1枚ずつやる「クセ」づくり

1日に終える分のタスクを決めます。時間に余裕がある時期なら、「1教科1ページ、1日4ページずつ」、頑張れる子なら「1教科1枚、1日8ページずつ」進めます。

子どもの集中力は長くは続きません。途中、半分まで終わった頃におやつと休憩をはさみ、なんとかお昼ご飯まで、もしくは夕ご飯までに今日のタスクが終わるようにページ数を決めましょう。

 両親が共働きで昼間は学童に通っている子も多いですよね。学童では宿題の時間を設けるので、その時間に進めるべき量を、家庭で話し合って決めておくと良いでしょう。

つまずいたら付箋紙を貼って次の問題へ行くことで飽きさせない

問題でつまずいてしまうと、そこでやる気がポキっと折れてしまいます。分からない問題はいつまでも立ち止まっていないで、付箋を貼って次の問題へ進むように助言してあげましょう。

 最後までやり終えてからもう一度考えてみて、それでも分からなかったら、親に時間の余裕がある時に説明してあげるとよいでしょう。たいてい解答には解説もついているので、それを参考にしましょう。

親に時間がある時にまとめて丸点け&点検

親が毎日子どもの宿題にかかりきりになることは、仕事をもつパパママにとって不可能ですよね。親もイライラしますし、子どももやる気が失せてしまいます。 

そこで、丸点けや点検は親に時間がある時にまとめてしてあげるようにしましょう。無用に叱ったりイラついたりすることが避けられます。

毎日してほしいのは「今日のタスクは完了したかどうか」だけチェックして、一日の努力を褒めてあげること。しっかり見るのは心に余裕がある時だけで大丈夫です。

昔は無かった!自学系宿題の攻略法

昔は無かったのですが、今は普段の学習から「自主学習ノート」通称「自学ノート」という宿題があり、子どもたちを悩ませています。夏休みもバッチリ出る学校が多いようです。

夏休みの友・ワークが残っている間の自学系宿題

夏休みの友やワークがまだ残っている期間は「夏休みの友やワークでできなかった問題・間違えた問題」を端から書き写していき、復習をするだけで、大変有意義かつビッシリとノートが埋まる自学になります。

夏休みの友・ワークが終わった後の自学系宿題

夏休みの友やワークが終わったら、とりあえず算数の教科書に載っている問題を最初からすべて写して解いていきましょう。それが終わったら理科と社会のワーク、それが終わったら1学期に習った漢字練習と英単語練習を行います。

 それも終わってしまったら、まだ習っていない部分の教科書をよく読み、太字で書かれている部分をノートに書き写して説明文をつけます。

国語は新出漢字をあらかじめ練習してもいいですし、新聞の記事を切り抜き、縮約の練習をしてもいいでしょう。

これで国社数理すべての教科の予習がスタートすることになります。予習をしておくことで、新学期の勉強がぐっとスムーズに理解できるようになります。

夏休みの宿題はこれからのスキルアップの練習!

夏休みの宿題は、結局「これからのスキルアップに必要なことの練習」に過ぎません。たとえば作文系の宿題は、小論文やレポートを効率よくまとめるための練習です。

夏休みの友は1学期の復習ですし、自学ノートは苦手克服に役立ちます。絵画系の宿題も、普段は見てあげられない図工のコツを教えるのに役立ちます。

なにより「課せられたタスクを毎日こなして、期日(登校日)までにプロジェクト(宿題)を終わらせる」という、どこで働くにも必要なスキルの訓練になります。

 親にも子どもにも本当に面倒な夏休みの宿題ですが、子どもが将来「必ず期日・時間を守って仕事ができる大人」に育つよう、普段はできない濃密な訓練を行う絶好の機会ととらえましょう。

今年はどうしても計画的にできず、最後にドタバタになってしまった…という人は、冬休みや来年の夏休みにトライしてみてくださいね。

  • 2019.8.20
シェアする