• 検索 検索
突撃!体験レポート

教育について

【英語】学校でも早期教育スタート!絶対習わせなくちゃダメ?

小学校でも英語教育が始まって数年が経過しましたが、いよいよ2020年の学習指導要領改正で、より早期の英語授業スタートが決定しました。これまでは成績がつかなかった小学校で、高学年からは成績がつけられるようになったのです。

そのため、英語教育により熱心に取り組む家庭も増えています。でも「塾まで行って英語を習わせなくちゃダメなの?」と疑問に感じている親御さんも少なくありませんよね。では本当のところ、子どもに英語は習わせなければいけないものなのでしょうか。

どうして政府は英語教育に力を入れているの?

それではなぜ日本は国を挙げて英語教育に力を入れているのでしょうか。それは、先進国の中で、英語を母国語としない国々の中でも、特に日本の英語力が低いと言われているからです。残念ながら、TOEICなどの結果でもそれは明らかです。
 
英語は現在、世界的な共通語となっています。海外との取引がある会社は珍しくありませんし、日本の企業で公用語が英語というケースもあります。また医学や科学など研究分野でも、論文は英語で発表されます。

先進国としてさまざまな技術や工業で世界のトップクラスを走りながら、国民の英語力が非常に低く、英語が話せる人はごく一部という現状は、他の先進国を考えるとかなり危険な状態と言えます。
 
今は英語を話せなくても困る人はあまりいなくても、2020年には東京オリンピックが、2025年には大阪で万博が開催されます。それを機に、今よりも多くの外国人が日本を訪れるでしょう。

外国人との対応が当たり前のようにある職業も増えるでしょうし、海外出張や出向、海外での就職ももっと身近になるでしょう。そんな時、「英語力がありません」では企業の内定を獲得することが難しくなってきます。

今はアスリートやクリエイターも英語で情報を世界に発信しています。インターネットを通じて世界との垣根がほぼ取り払われてきた今、英語力を持たないままでは、時代を謳歌し自分らしい人生を見つけることが難しくなってくると考えられます。

英語は幼児教育からスタートしなければ身につかないの?

英語を幼児の頃から、早い家庭では0歳から学ばせているケースも増えています。では、英語は本当に幼児期からスタートしなければ身につかないのでしょうか。

3歳神話は「神話」に過ぎない

古くから「3歳神話」というものが囁かれ続けてきました。あらゆる学習や能力において、3歳までに基礎を学ばなければ脳に根付かないといった系列のお話です。

しかし、ネイティブに負けないほどなめらかに英語でコミュニケーションをとることができる人のすべてが、3歳以下から英語を学び始めたか、といえば、決してそうではありません。

必要に応じて語学を学ぼうと思い立ち、必要に迫られて努力を続けているうちに、話せるようになったという人が多数派でしょう。

結論から言えば、3歳神話は結局「神話」に過ぎません。すべての分野における「天才」と呼ばれる人々が、その分野を3歳前から学んでいたかと言えば、決してそうではありません。

3歳までに必要なものは愛情のシャワーと自己肯定感

それでは3歳までに何が必要かというと、両親や祖父母など、身近な大人からの「愛情のシャワー」と自己肯定感を育んであげることです。

3歳というと、まだお友達と遊べるほどの社会性は身についていません。家族と自分、それが世界のすべてというほど、狭い社会しか認識できずに生きている子どもがほとんどです。

0歳から3歳くらいまでの子どもにとって、最も重要なのは「自分は家族という大人から無条件に愛されている」という自信です。

愛情のシャワーをたっぷりと浴びて育つことで、子どもの心に「自己肯定感」が育っていきます。「自分は自分のままでいいんだ、自分はここに居ていいんだ」という自信です。
 
・家族から無条件に愛されること
・自己肯定感を充分に育んであげること
 
このふたつをクリアすると、子どもは自分の家庭を「ホーム」として認め、いつでも駆け込んで安らげる場所として絶対の信頼を寄せます。

そして必ず自分を受け止め、受け入れてくれる「ホーム」を得ることで、成長して自分の道を見つけた時も、大学でも留学でも恐れずに飛び込んでいくことができるようになるのです。

知能や才能は子どもの中から芽吹き質問と体験で育つ

では、肝心の「知能や才能」は、いつどこで育つのでしょうか。子どもは脳の発達とともに、誰もが「知的好奇心」も成長させていきます。

3歳くらいの子どもは、よく親に「自分でやる」と言って困らせます。また「あれは何」「どうしてこうなるの?」と質問攻めにして悩ませます。

成長して知能が発達し、「どうやらこの世界は未知の謎で溢れているぞ」ということに気づき、どんどん質問があふれてくるのです。

こうした質問に親が真摯に答えてあげることは、とても大切なコミュニケーションの時間です。もちろん、他にも答えてあげる良い方法はいくらでもあります。
 
・公園など外にたくさん連れ出す
・図書館で図鑑などを見て、一緒に謎の答えを探す
・絵本をたくさん読み聞かせ、好奇心を強くくすぐられるものを一緒に探す
・レゴなど創造性と根気を必要とするおもちゃで一緒に遊ぶ
・一緒に野菜などの種や苗を植え、収穫まで育てる
 

 
難しいことはありません。親が答えられることは誠意をもって答え、答えが分からないものは一緒に調べれば良いのです。
 
今はスマートフォンでなんでも手軽に調べられますが、子どもと冒険に出る時は、一度スマホをバッグにしまいましょう。公園や空き地に出れば、子どもが不思議に思うもの、興味をひかれるものの、「本物」が満ち溢れています。

図鑑のように似た種類のものを一度に見られるもので調べたり、絵本などで何度も何度も繰り返し見られるようにしてあげると、子ども自身の好奇心を満たし、広げることにつながります。

もしも英語や外国の文化に興味を持ったらどうすればいいの?

もしも英語や外国の文化に興味を持ったら、その時は子どもと一緒に通える英会話教室などの体験入学に行ってみましょう。

できるだけ、ネイティブに話せる外国人と触れ合うことができる環境で、英語に触れてみることができると良いですね。

その時は人見知りをして嫌がってしまった、ということなら、無理をして通わせる必要はありません。

日本人と外国人では、子どもへの対応やちょっとしたボディランゲージ、声のトーンなども全く異なります。人見知りで敏感な子どもの場合、その違いに戸惑うこともあるでしょう。

そういった場合は、幼児向けの英会話教材など、人を介さず本来の英語と触れ合えるツールが役立ちますよ。

英語の早期教育の現状

それでは、英語の早期教育にはどんなものがあるのでしょうか。小学生以上の子どもたちが通う英語塾・英語教室とは違うそのスタイルをチェックしてみましょう。

プリスクールが人気を呼んでいる

プリスクールとは、簡単に言えば「英語で保育や幼児教育を行う保育園や幼稚園」のことです。幼稚園・保育園版のインターナショナルスクールのような場所ですね。

教員もほとんどが外国人やネイティブで英語が話せる人で、主に英語を使って生活をしていきます。その中で、自然と英語を身につけるというものです。
 
一昔前までは芸能人や文化人など一部の富裕層が多かったプリスクール利用者ですが、今では一般的な家庭まで広がっています。

乳幼児向け英語教室

0歳から受け入れているところもある、乳幼児向けの英会話教室です。外国人教師とリトミックや遊びを通して英語に触れ、英語を感覚的に身につけていきます。

こうした乳幼児向けの英語教室で学ばせた親が、「せっかく身についた英語感覚がもったいない」ということでプリスクールを選ぶ事も少なくありません。

乳幼児向け英語教材

紙媒体ではなく、動画などをタブレットで見ながら学んだり、おもちゃで遊びながら学べる、体験・経験型の英語教材が増えています。

その結果、文字が読めるようになる幼稚園後半の子どもだけでなく、赤ちゃんから英語を体験として学べるようになりました。

実際に親子で教室に通うことが難しい環境にある共働き世帯のママや、第二、第三子妊娠中・赤ちゃん育児中のママでも気軽に活用できます。
 

英語を早期に学ぶメリット

英語をはじめ、外国語を早期に学ぶメリットにはどんなものがあるのでしょうか。いくつかをご紹介します。

英語を聞き取る力は生後6か月から発達する

英語には、「RとL」や「TH」など、日本語にはない発音が存在します。実は日本語と英語では、音の周波数が全く異なるのです。周波数とは音の振動を表し、声の高低とは異なります。
 
・日本語 150~1,500ヘルツ
・英語  2,000~12,000ヘルツ
 
英語が日本語と比べ、非常に高周波であることが良く分かりますよね。

この違いは耳が鋭い幼少期なら聞き取ることが可能ですが、年齢を重ねるごとに雑音としてしか捉えられなくなるとされています。
 
また、英語の高周波をキャッチできる能力は、だいたい生後6か月くらいから発達するといわれています。

そのため、大人に近づくほど英語を聞き取り再現する【耳】が衰えていき、ネイティブな発音が難しくなるとされているのです。

英語と日本語はそもそも言葉のカテゴリーが違う

英語を学生時代に学んだ時、文法が日本語と全然違うことに戸惑った方も多いのではないでしょうか。

英語はゲルマン語がルーツになっている、ドイツ語やオランダ語などと同じタイプの言葉です。

他には、ラテン語をルーツにしているイタリア語やスペイン語、フランス語などがあります。そして、ゲルマン語もラテン語も、インド・ヨーロッパ語族に属しています。

学生時代、地理の学習で習いましたね。日本語はというと、実はまだどの系統に属する、どんな由来の言語なのか解明されていません。

英語はインド・ヨーロッパ語族に属する言葉のひとつとされ、文法や単語、音韻などを見ても、他のヨーロッパ各地の言葉と似た部分がたくさんあります。
 
また植民地時代に英語が広まった地域も多く、そんなに苦労せず英語をマスターできる母国語の人々は少なくありません。
 
実は文法などから見てみると、全然違うルーツを持つ英語と中国語ですら、「主語+述語+目的語」が基本になっているなど、かなり似た部分があります。

しかし、日本語はこれらの言語と全く違った独自の文法を持っています。文法は会話や文章だけでなく、思考回路にも根深い影響を与えています。

私たち大人が英語を覚えにくいのは、英語と全く違う文法の日本語で考え、それを英語に脳内翻訳してからでなければ話せないからなのです。

そのため日本語は、他の言語を学びにくく、外国人から見れば理解しにくい部分のある難解な言語となっているのです。

しかし、日本語の思考回路が完全に定着してしまう前の幼児期から英語も学ぶことで、英語の時は英語の文法で考え、日本語の時は日本語の文法で考える習慣が身につくと言われています。

人間の脳発達が最も盛んな時期は、0歳~9,10歳の頃と考えられています。この時期に英語の文法でどんどん考えることで、脳内に「英語で考える回路」が作られるとされています。

勉強としてイヤなイメージが植え付けられる前に学べる

みなさん、「勉強」というとどんなイメージがありますか。学習というと「学び習う」ことですが、「勉強」となると「勉め強いる」になります。つまり、無理やり頑張っているということですよね。

公園で花々を見ることやお菓子作りは楽しいのに、なぜ同じようなことをしていても生物の授業や化学の授業は楽しくないのでしょう。それは、「勉強」としてやっているからではないでしょうか。

英語も同様です。遊びの一環、知的好奇心を満たすものとしてやっていると楽しくてぐんぐん伸びますが、「勉強」として文法やスペルの書き取りをしても全然面白くありませんね。
 

幼児期から英語を身体全体で学ぶことで、英語がつまらない「勉強」に格下げされてしまう前に、身につけることができるようになるのです。

行き過ぎた早期英語学習にはデメリットもある

かといって、行き過ぎた早期英語学習に全力を注ぐと、デメリットの部分も浮上してきます。その点も注意してみましょう。

英語と日本語を覚えなければならず言語の発達全体が遅くなる

言葉自体をまだ話すことができない時期から、英語と日本語をごちゃごちゃな状態で学ばせると、脳内で混線が起き、言語の発達自体が遅れるという説もあります。

海外在住者では、外国語の方を主に覚えてしまい、日本語がおろそかになるケースもあるようです。日本語は母国語として、扱うことに誇りを持てるよう、日本語もきちんと話せるように家庭でたくさん話しかけましょう。

親の押し付けになってしまい、子どもが置いてけぼりになってしまう

親があまりにも熱心だと、子どもが置いてけぼりになってしまい、飽きたりつらくなっていることに気づかない、ということもあります。

幼児期の英語は、遊んで感じて耳を育てることが一番です。こちらがその点に働きかけるだけで、子どもはどんどん吸収していきます。

しかし机に毎日何時間もかじりつかせて無理に勉強させようとすると、幼い頃から勉強に対するアレルギー反応が出る可能性があります。

英語は早めがいい!でも9~10歳までは焦る必要はありません

英語は早めに始めた方が、ネイティブにしか出せない【音】を聞き取り再生する能力にたけているため、より美しい発音が可能になります。

また英語の文法で直接考えしゃべるスキルも、早い方が身につきやすいと言われています。しかし、「3歳までに覚えさせなきゃ」と焦る必要はありません。
 
人間の知能の発達ピークは9歳~10歳頃と言われています。人によっては耳が非常に良く、もっと大きくなってからでも広い音をキャッチできる場合もあります。

大切なことは「勉強という義務になる前に、楽しく体と耳で感じさせ、英文法で考える回路を作ってあげる」ことです。

そのためには親子で体験学習を受け、子どもの溢れる好奇心を上手に活性化させられる教室を見つけて、楽しく学べる環境を整えることが重要です。

  • 2019.4.22
シェアする