• 検索 検索
突撃!体験レポート

習い事の選び方

習い事で家計がパンク?子どもも限界!やめ時を知っておこう

子どもに何らかの習い事をさせているご家庭はたくさんあります。それでは「子どもにとって、その習い事は本当に役立っていますか?」という質問には、どんな答えが返ってくるでしょうか。

子どもの教育費が非常に高額になると言われている昨今、みなさんの家庭では習い事をさせていますか?家庭によっては、子どもひとりにいくつもの習い事をさせている、というケースもあるようです。でも習い事にはもちろんお金がかかります。

また子どもにとっても習い事が重い負担になっていることも少なくありません。親は良かれと思って習わせているのに、子どもはイヤイヤ通っているなんて悲しいですよね。習い事で家計が圧迫されている家庭、子どもに負担がかかっている家庭に知っておいてほしい、習い事の「整理の仕方」と「やめ時」「やめ方」を探ってみましょう。

教育資金は今どれくらいかかるのが普通なの?

教育資金は、今どれくらいかかるのでしょうか。幼稚園・保育園から、どれくらいのお金がかかるのかを詳しく見てみましょう。

幼稚園・保育園・認定こども園などでかかるお金

幼稚園や保育園・認定こども園などでは、「お金がかかる」というイメージがありますよね。では、実際にどれくらいお金がかかるのでしょうか。

文部科学省では、公立幼稚園と私立幼稚園に関するデータが公表されています。参考までに見てみましょう。
【出典】平成26年度子供の学習費調査の公表について

 

・公立幼稚園…年間平均222,264円→学費(3年間)総額666,792円
・私立幼稚園…年間平均498,008円→学費(3年間)総額1,494,024円
 
3歳児の年少さんから通ったとして、授業料・給食費・制服代などさまざまな料金を合わせると、3年間で私立は公立の2倍以上お金がかかる計算になります。

小学校でかかるお金

よく「子どもが小学校のうちにお金を貯めなさい」と言われます。みなさんもそんな話を聞いたことはありませんか。では実際、お金が貯められるほど小学校時代はお金がかからないのでしょうか。

こちらも文科省の調査結果を、公立と私立に分けてみてみましょう。
 
・公立小学校…年間平均321,708円→学費(6年間)総額1,930,248円
・私立小学校…年間平均1,535,789円→学費(6年間)総額9,214,734円
 
いかがでしょうか。公立、特に学区内にある一般的な小学校に通った場合は、だいたい年間32万円、6年間で200万円以下という結果になりました。
しかし私立小学校に通った場合は年間で150万円を超え、6年間の学費は900万円を超えてきます。学校によっては1000万円近くになるでしょう。

 

 

中学校でかかるお金

中学校は3年間とあっという間に過ぎ去ってしまいますね。しかし部活動が本格的にスタートするので、多少お金がかかるイメージがありますよね
 
・公立中学校…年間平均481,841円→学費(3年間)総額1,445,523円
・私立中学校…年間平均1,338,623円→学費(3年間)総額4,015,869円
 
公立中学校だと年間平均だいたい50万円、3年間で150万円程度になります。私立だと1年間で公立中学校の3年分近くかかります。総額になると、400万円以上かかるところが多いようです。
 

高校でかかるお金

高校になると、私立を選択する子どもも義務教育に比べぐんと増えてきます。公立と私立ではどれくらいの違いが出るでしょうか。
 
・公立高校…年間平均409,979円→学費(3年間)総額1,229,937円
・私立高校…年間平均995,295円→学費(3年間)総額2,985,885円
 
やはり公立高校と私立高校では、年間で倍額ほどの違いが出ますね。私立高校では、卒業までに300万円前後のお金がかかるところが一般的なようです。
 

大学にかかるお金

大学にかかるお金は、大学が公立か私立かだけでなく、理系か文系かによっても大きく異なります。特に6年間通わなければならない医学部・薬学部などの負担は、その他の学部とはかなり違ってきます。
今度は日本政策金融公庫の教育費負担の実態調査結果をもとにご紹介します。
【出典】日本政策金融公庫

 
・高専・専門学校等…年間平均123万円
・短大…年間平均122万円
・国公立大学…年間平均105万円→学費(4年間)420万円
・私立大学文系…年間平均149万円→学費(4年間)596万円
・私立大学理系…年間平均179万円→学費(4年間)716万円
 
かなりの違いが出ることがわかりました。

幼稚園から大学まで、結局いくらかかるの?

幼稚園から大学まで、結局教育費の中で最も大きな学費はいくらになるのでしょうか。

・幼稚園~大学まですべて公立の場合…9,472,500円
・幼稚園~大学まですべて私立の場合…23,670,512円

だいたい子どもひとり当たりの学費はすべて合わせて1千万、と言われることがよくありますが、公立の場合は近い値となりました。

しかし、すべての教育を私立で行った場合、金額は当然跳ね上がります。最後に私立医学部に入学すれば、3000万円を超えてくることもあるでしょう。

全てのお金を払う必要はないケースが多い!

これまでのデータを見て、「めまいがしてきた」という方も多いのではないでしょうか。一般の公立にすべて通わせたとしても、1000万円近くかかるなんて大きなショックですよね。

でも、実はここに出ているデータのうち、すべてのお金を家庭で払わなければならないわけではありません。

たとえば、自治体によって私立幼稚園就園奨励費補助金などが出ることもあります。また小学校・中学校の給食費が免除されている自治体も存在します。

幼稚園によっては兄姉が通っている場合、2人目、3人目からは学費が安くなるというシステムのところもありますね。

また世帯年収によって上限が決まってはいますが、子ども手当など親には嬉しい補助もあります。さらに1000万円近いと言っても、一度に支払うべき金額は数千円~数万円程度になります。

そのため、多くの家庭では家計とのあくなき闘いは続くにせよ、なんとか大学まで子どもを通わせることができていると考えられます。

子どもが大学を出れば暮らしは楽になる?

子どもが大学を卒業すれば、学費がかからなくなって暮らしは楽になるのでしょうか。あまり語られることのない、「大学卒業のその先」について調べてみましょう。

子どもが大学までで満足するとは限らない

子どもが大学までで学業に満足し、就職してくれるとは限りません、子どもによっては学ぶうちに専門分野が面白くなってしまい、大学院進学を選ぶ場合も少なくありません。

また語学系や技術系を学ぶ子どもの中には、留学を選ぶ子どももいます。私自身、大学院進学と留学、両方を選びました。

学部での順位を上位に保つことで、大学が設ける授業料免除生になり、さまざまなアルバイトを掛け持ちして自分でもかなりの額を負担しましたが、それでも親にかけてしまった負担は多大なるものです。

また、友人には理系の私立大学を大学院まで出たものの、どうしても「医師になりたい」という夢を諦めきれずに、1年間猛勉強をして25歳で医科大に入学しなおしたという猛者もいます。
 
子ども達が中学、高校、大学に通うようになるころには、親も年齢が高くなってきます。40歳を過ぎれば介護保険料も払わなければならず、自分の人生にもお金がかかります。

子どもがどの時点で満足し、就職に気持ちが向いていくかは分かりません。子どもと普段からよく話をするようにし、子どもがどんな未来予想図を描き、どんな夢を抱いているのか把握しておきたいですね。

子どもが就職して家庭を持ってもお金がかかる

子どもが就職して家庭を持ったとしても、完全に独立してお金の負担から解放されるというわけではない家庭はけっこう多いものです。

最近は自分たちの懐具合で「披露宴はしない」「写真だけ撮る」などシンプルな結婚式を選ぶ若者も増えています。

でも地方都市など、今でも家によっては親族の手前、それなりの披露宴を挙げなければならない場合もありますね。

子どもがまだ就職したてで結婚費用が貯まっていないのに、親や親族の都合で披露宴を挙げなければならないとなれば、やはり親がかなりの額を負担せざるを得なくなるでしょう。
 

 
また孫が生まれても、最近は共働き家庭が非常に多いため、若い夫婦が互いの両親に子守を頼むことも多いのです。

孫育てが当たり前になり、祖父母のための孫育てセミナーが開催される自治体もあるほどです。里帰り出産で生まれたての赤ちゃんからお世話が待っている祖父母もいます。

普段は遠くに住んでいても、何かあって呼び出されたり、休みのたびに子や孫が帰省してきたりすると、いろいろお金がかかります。

最近は、孫の世話に疲労困憊してうつ病などを発症する人や、頼り切りの子ども達の出費を肩代わりするうちに暮らしが逼迫してしまうケースも珍しくなくなってきているのです。

 

老年に至ってもお金はかかる

これまでの例を見て、「でも年金があるから65歳以降は大丈夫でしょう?」と不安になる方も多いですよね。

実際は、年金だけで生活することはかなり難しいと言えます。現状支給されている年金でも不満を訴える人がたくさんいます。

今、子育て世代の親が年金世代になるころには、国庫はさらに追い詰められ、年金が支給される年齢も高く、支給される額も少なくなると予測されています。

実際に高齢者の医療費控除も1割から2割になりました。今後も2割であり続けるとは限りません。老年に至っても、お金はかかります。

子どもの教育費以外にも、自分たちのための個人年金を始めたり、積立NISAやiDeCoなどで先々の準備をしておかなければならないのです。

 

習い事が増えすぎていませんか?

それでは、気になる「習い事にかかるお金」について調べてみましょう。習い事にはどれくらいお金がかかるのでしょうか。また、子どもにかかる負担も考えてみましょう。
 

 

習い事にかかるお金は家計の5%までに抑えよう

子どもが小さなころほど「いろいろな体験をさせたい、さまざまな可能性を伸ばしたい」とさまざまな習い事をさせたくなるものですよね。

いつの間にか習い事が増え、平日は毎日なんらかの習い事が入っている、という家庭も少なくないようです。

しかし、子どもが小さいうちほど、教育費を抑えておきたいものなのです。なぜなら、高校受験、大学受験となると多くの子どもが学習塾や家庭教師等の手助けを必要とし、学費の他に大きな出費となるからです。

一般的に、習い事にかけるお金は年収の5%までに抑えておくと無理がない、と言われています。

子どもが受験期を迎えるとどうしてもその割合を超えてしまいがちですが、子どもが小さなうちはできるだけ5%以内にとどめるようにしておきましょう。

特に「お金を貯める時期」と言われている小学生のうちは習い事にかける費用も5%以内に抑えるように心がけ、出費を軽減するよう心掛けたいですね。
 

子どもに習い事が負担になることも

子どもに習い事をたくさんさせると、それが負担になることもよくあります。楽器などは家庭でも練習をしなければなりませんし、学習塾などは宿題も出ます。

楽器の練習だけ、塾の宿題だけなら問題ないように感じるかもしれませんが、楽器の練習は毎日しなければなりません。塾によっては、少量でも毎日宿題が出ることもあります。

それを毎日こなすとなると、幼稚園児、小学生にはかなり大きな負担となります。特に学校の宿題もあり、帰りも遅くなる小学校中学年以上になると、負担はどんどん重くなります。

子どもの生活習慣から考える習い事の上限をご紹介します。
 
◆幼稚園児のうちは、習い事に通い、習い事の練習や宿題もこなしたうえで、8時台(9時まで)に寝られること
 
◆小学生のうちは、習い事に通い、学校の宿題を終わらせ、習い事の練習や宿題もこなしたうえで、9時に寝られること

上記を参考にして、習い事が負担になりすぎていないかチェックしてみてください。

 

今後の収入と必要経費、学費と「習い事」のバランスについて考えよう

今後の収入と必要経費、学費と「習い事」のバランスについて考えて、無理のない教育費負担と習い事のセレクトをしていきましょう。

習い事にかかっている費用を把握し、整理する

まずは、周囲の雰囲気や子どもの好奇心のままにどんどん増えていった習い事を整理しましょう。
習い事の基本は「年間にかかるお金が年収の5%」です。習い事にかかるお金は、月謝だけではありません。
たとえばピアノを習っている場合、こういったお金がかかります。
 
・アップライトピアノなど、楽器を購入するお金
・楽器の調律にかかるお金
・発表会の衣装代やヘアメイク代
・教室のイベントなどにかかるお金
 
習い事によっても異なりますが、月謝の他にもある出費についてもきちんと整理してみましょう。

 

 

習い事の整理の仕方

次に習い事を整理します。続けるものと、やめてしまうものに仕分けするのです。
仕分けの方法はいろいろあります。
 
・子どものヤル気がないものや、あまり好きではないものをやめる
・お金がかかりすぎるものをやめる
・今後の学業やスキルアップにつながるものを残す
・子どもがどうしてもやめたくない、というものを残す
 
習い事の整理・仕分けには、子どもとの話し合いが欠かせません。子どもがあまり好きではない、ヤル気がないけれど、親がどうしても続けてほしいと思っている習い事もありますよね。

何年か続けてもやる気が出ない、家での練習をしない、結果が見られないといった場合は、思い切ってやめさせ、子どもの気持ちに余裕を持たせることも大切です。

子どもがどうしてもやめたくない、と言う場合

逆に子どもがどうしても続けたいと思うものが、金銭的に非常に大きな負荷になっている場合もありますね。

そういった時は、子どもに「どうして続けたいの?」と訊ね、ゆっくりと理由を聞き出してみましょう。

「ピアノやヴァイオリン、バレエやフィギュアスケート等が大好きだから」ということばかりが理由とは限りません。

「仲のいいお友達と一緒だから、練習はイヤだけれど教室にはいきたい」
「グループ内でみんなやっているから、自分だけやめるといじめられるかもしれない」

など、やりたい気持ちとはちょっと異なる理由がある場合は、両親だけでなく習い事の先生や、学校の担任にも伝え、話し合いの場を持つ必要があるケースもあるでしょう。

どうしても負担が大きい、しかし子どもがやり続けたいという場合は、「小学校を卒業するまで」など期限を切ったり、「自主練を家で必ず1時間やれる間」と条件をつけてみてはいかがでしょうか。

習い事ってどうやってやめればいいの?

習い事をやめる時は、まず2~3か月前に親が先生に直接「やめる予定である」ことを伝えましょう。

その時、なぜやめるのかを訊かれることもあると思いますが、「学業重視のため」「中学受験を考えているから」など、伝えれば良いでしょう。

たとえ経済的な理由でも、それを正直に伝える必要はありませんし、学習塾では無い限り、学業重視と言われてしまうとだいたいの習い事はすんなりやめられます。

学習塾や家庭教師の場合は「塾の方向性に子どもの性格が合わなかったようなので、申し訳ありません」と方向性の違いを伝えると角が立ちにくいのではないでしょうか。

家計と子どもの負担を考えて習い事のバランスを

子どもの習い事は、子どもの可能性を広げ、好奇心を育んでくれる素晴らしいツールです。しかし家計を逼迫させ、子どもの生活に負担をかけてしまう一面があることも否めません。

子どもの習い事は、まず子どもの生活習慣を見直して、ちゃんと睡眠時間が毎日確保できる程度に抑えましょう。

経済的には、収入の5%に抑えると無理にならないと言われています。きょうだいが多ければより負担も増えます。その点を留意して、定期的に習い事の見直し・整理を行いましょう。
 

 

  • 2019.4.7
シェアする